導入事例(農業系製品) クラウドを使い
若者も楽しめる農業を実践します

有限会社 ばんば 番場 睦夫 様

有限会社 ばんば 番場 睦夫 様
ご利用中の製品
農業簿記9、農業日誌、フェースファーム生産履歴、販売王17販売・仕入・在庫

農場 Profile

霊峰白山の雪解け水に恵まれた石川県で、無農薬コシヒカリ・夢ごこちなど安全安心にこだわったお米作りをしている。平成11年からはお米のインターネット販売に取り込み、平成16年には第33回日本農業賞大賞を受賞している。

インタビュアーさこちゃん
よっぴーの後輩
平成26年入社。
農業への愛は
誰にも負けません!★
有限会社 ばんば

農産物:米(コシヒカリ、夢ごこち、ひとめぼれなど)

★ 経営のこだわり


番場さんの経営のこだわりを教えてください。
番場さん:大量生産の隙間を縫うことだね。大量生産大量流通は農協に任せておけばいいから、僕たちはその隙間を縫って、無農薬・減農薬など安心・安全にこだわったお米作りに取り込んでいるよ。
ホームページでは農薬も肥料も一切使わない自然栽培米も販売されていましたね。
番場さん:そう、今年は自然栽培米もたくさん収穫できてね、困ってしまうくらい。これから頑張って売らないと(笑)。それから経営のこだわりと言えばもう1点、若い人にとって「最初は嫌いでも、やって楽しめる農業」を目指しているよ。どこかに楽しみのある農業ができたならいいなと思っている。

経営のこだわり

★ ソリマチのソフトを導入したきっかけ

ソリマチのソフトを導入したきっかけ
ソリマチのソフトを導入したきっかけは何ですか。
番場さん:今から26年ほど前かな、試験場の先生が主催する勉強会に参加していて、そこでその先生が開発したシステムとソリマチの「農作業日誌」の2つのシステムを使い始めたことが始まり。次にソリマチの「稲作生育診断システム」も使い始めて。あれは特に良かったなあ…作型ごとに生育の進行状況を診断して、適切な穂肥のタイミングを知ることができて。今はExcelで事足りてしまう内容かも知れないけれど、当時はとても便利だったね。
なるほど。その後、「農業簿記」や「販売王」も導入いただいたんですね。
番場さん:そう、「農業簿記」も試験場の先生の紹介で使い始めたね。そのあとに「販売王 アグリビジネス」も導入したよ。途中で他のソリマチユーザーさんから「販売王 アグリビジネス」よりも「販売王 販売・仕入・在庫」の方が良いよと聞いて、今はそっちを使っているよ。

★ ソフトを導入したことによるメリット

では実際にソフトをご利用いただいて、「良かった」と思えたのはどんなことでしょうか。
番場さん:販売王を入れて事務員一人分のコストが浮いたね。夜の2〜3時間で全ての販売管理ができるようになったから、追加で人を雇う必要が無くなった。それにサポートも良かったね。昔はよく分からなかったから営業さんに来てもらってサポートしてもらうこともあったよ。
作付管理にもソリマチの農業クラウドサービスをご活用いただいているようですね。
番場さん:作付管理や農作業の管理には「フェースファーム生産履歴」を使用しているよ。こういうクラウドサービスは若い世代に農作業を覚えてもらえるのにも使えると思っているよ。僕らの年代だと仕事は叱られて覚えるのが普通だったけれど、今の若い子はそうじゃないから、こういうサービスも使って、楽しみながら覚えてもらえればいいね。
ありがとうございます。最後に一つだけ!番場さんの「座右の銘」を教えてください。
「克己」。甘い自分に克つこと!と、「感謝」です。ふたつあるんですよ(^o^)
ソフトを導入したことによるメリット
座右の銘

番場さん、ありがとうございました。

教えていただいた玄米の美味しい炊き方は早速実践してみますね♪


▼さこちゃんメモ


 

Topへ戻る