平成25年1月から復興特別所得税が加算されます!

@復興特別所得税が創設

2.1%の税率で復興特別所得税が上乗せされます

平成25年1月1日から平成49年12月31日までに支払われる給与等から控除される所得税額について、2.1%の税率で復興特別所得税が上乗せされます。

これに伴い、給与所得の源泉徴収税額表(月額表、日額表)、賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表等が改正されています。

社会保険労務士 浅井富美代先生によるポイント解説

復興特別所得税

平成23年12月2日に東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法(平成23年法律第117号)が公布されました。これにより、所得税の源泉徴収義務者は、平成25年1月1日〜平成49年12月31日までの間に生ずる所得について源泉所得税を徴収する際、復興特別所得税を併せて徴収し、納付しなければなりません。

なお、給与所得者の方は、平成25年1月1日以降に支払を受ける給与等から所得税及び復興特別所得税が源泉徴収されることとなります。

復興特別所得税の額

復興特別所得税の額は、源泉徴収すべき所得税の額の2.1%となります。この復興特別所得税は、所得税の源泉徴収の際に合わせて源泉徴収することとされています。

給与計算時の処理

平成25年1月1日に適用される税額表にはこの復興特別所得税分を含んだものとなっています。よってその税額表に従い、税額を計算し、それを従来通り1枚の所得税徴収高計算書(納付書)で納付することとなります。

※ 上記のように、平成25年1月1日以降に復興特別所得税を併せて源泉徴収する際に使用する「源泉徴収税額表」は復興特別所得税を含んだ税額表に変更されますので平成24年分以前の源泉徴収税額表をご使用できなくなります。

※詳しくは国税庁ホームページをご覧下さい。

A給与所得控除の見直し

平成25年1月1日以後に支払われるべき給与等から、給与等収入が年1,500万円を超える場合の給与所得控除額は245万円の定額となります。

社会保険労務士 浅井富美代先生によるポイント解説

給与所得控除額の改正

給与所得控除額は、給与等の収入金額に応じた一定の算式により算定されることとなっておりますが、給与等の収入金額が1,500万円を超える場合の給与所得控除額については、245万円に固定されることとなりました。この改正は、平成25年1月1日以後に支払うべき給与等について適用されます。

給与所得控除額(給与等の収入金額が1,000万円超の場合)
給与等の収入金額
給与等の収入金額 給与所得控除額
改正前 改正後
1,000万円超
1,500万円以下
給与等の金額×5%
+170万円
給与等の金額×5%
+170万円
1,500万円超 245万円

※ 上記の改正に伴い、「給与所得の源泉徴収税額表(日額表、月額表)」、「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」及び「年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表」が改正されました。


Topへ戻る