個人・中小企業の方製品導入事例 INDEX > 株式会社 小原工業 様
株式会社 小原工業
http://www.obara-kogyo.jp/
使用ソフト販売王 販売・仕入・在庫LAN 5クライアント withSQL
会計王 PRO 2ライセンスパック
事業内容義肢材料の製造及び卸販売
所在地東京都世田谷区用賀2-18-9
TEL03-3700-4631
設立1946年
従業員数26人
LAN製品
導入時期
2006年7月

株式会社小原工業は、創業60年を迎える老舗義肢装具メーカーである。
厚生労働省の定める身体障害者福祉法に基づく義肢・装具の部品の製造及び直輸入販売卸業務、また近年では輸入販売などを通じても、福祉社会に多大な貢献をしている。
取扱商品も幅広く、義足、義手、装具や工具など、また米国Almost U社製ブレストフォームなども取り扱っている。
品質に関しても、創業60年という歴史の中で蓄積された、部品に関する技術的なノウハウを生かし、高い信頼性と実績で本物を求める人を満足させ続けている。
また、韓国、シンガポールなど東南アジアへの代理店設立やアメリカへの取引拡大など、輸出業務にも力をいれることで、義肢・装具装着者の一層の満足度の向上に努め、世界に名だたる日本ブランドとして発展を続けている。
手書きの見積書、請求書、納品書の山から抜け出したい…
販売王 販売・仕入・在庫LAN版の導入以前、当時一人で販売管理を担当されていた及川さんに、導入以前の業務内容や改善したいと感じていた問題点についてお話を伺った。
株式会社 小原工業
販売王LAN版を導入する前は、販売管理ソフトはソリマチではない他社のソフトを、1台のパソコンで利用する「スタンドアロン」で使っていました。ただそのソフトでは見積書、請求書、納品書等の帳票を作成する機能がなかった為、帳票類の作成は私が手書きで対応するしかなかったんです。
当時は私一人で販売管理を担当していたので、このような手書きの帳票類をまとめるだけでもかなりの作業になってしまい、営業から書類作成を依頼されてもなかなか手が回らずに待ってもらうこともしばしばでした。せっかくソフトを導入しているのですし、より業務効率を高められるはずなので、「どうにか円滑に販売管理作業を進められないか」、「進めるためには複数台で作業ができればもっとスピーディーに対応できるのに」などと常に感じていました。
―こうした業務効率化に関する悩みはより業務のスピードが求められるようになった昨今、様々な業界で聞くことができる悩みであるが、当時担当者が及川さん一人ということもあり、業務改善が急務であった。―
当時使用していた販売管理ソフトでは集計期間が1ヶ月と決まっていました。そのため複数月にまたがっての集計や、商品別・得意先別で集計ができず、売上状況をもっとしっかり把握して分析したいのにできないという歯がゆい思いをしていました。
また、うちは社内の1階が営業部門、2階では管理部門と、フロアごとに異なる業務をしています。私ひとりでは手が回らない分、どちらのフロアでもデータ入力や入力内容の確認ができる環境を整えなければならないという意識も当時からありました。担当者は私一人ですが、全員で共有できる環境を導入して少しでも作業を減らし、私も含め全員が業務の幅を広げることができればと考えていたんです。
問題点をどれだけ解決できるかがポイントでした。
日々の業務効率を改善するべく、販売管理ソフトを新たに導入することを決意した及川さんは、これまで頭を悩ませていた様々な問題を解決できるソフトを探し始める。その際重視したポイントについてこう話す。
販売王LAN版導入にあたり、重視したポイントは沢山ありました。
見積書、請求書、納品書が簡単に作成できるかどうかは勿論ですが、複数台のパソコンで使用した際にスピードの面でストレスが無く作業できるか、売上状況を把握する集計条件が充実しているか、という点も重視しました。
贅沢でしょうか、それまで苦労していたので、大変だったポイントは全て解決したいという気持ちで他の色々なメーカーの製品を探し始めたんです。そんな折でした。ソリマチの営業の方から「販売王LAN版」のご説明をいただき、これまでの問題点を解決できるのではと感じることができました。
販売王の書類作成機能では、登録した商品や得意先を選択するだけで簡単に見積書を作成することができ、入力したデータから受注伝票や売上伝票を作成し、見積書に転送できるというのです。
その上、転送された売上伝票のデータをさらに流用して売上入力画面から直接、請求書や納品書を発行することができるので、今までのデータ入力はソフトで行い書類は手書きで行うという作業に比べると、入力データを無駄なく使えてこれまでよりも格段に業務効率が上がると思いました。
また、集計条件が複数月で対応可能だったり、商品別、得意先別で様々な角度から売上状況を把握できたりといった機能がある点も当初から私が希望していたものそのもので、非常に魅力的でした。
株式会社 小原工業
―しかしこれだけでは販売王LAN版を導入するまでの十分な材料とは言い難いが、販売王LAN版の導入にあたっては担当者が一人というこれまでの状況から、全員で情報を共有しデータ入力が可能になるということが大きな要因となった―
販売王LAN版を導入しネットワーク環境を整えることについても、これまでの悩みであった1Fと2F、フロアごとの入力ができる環境づくりという点で魅力を感じました。ネットワーク環境を構築することで、別々の場所にある複数のパソコンから見積書の作成や売上伝票入力が同時に行えると聞きました。そうするとこれまで私一人で手書きで行っていた作業がなくなり、営業も依頼した書類がなかなか出てこないという無駄な時間を無くすことができるようになると考えました。会社全体として、販売王LAN版を導入するメリットがあることに非常に強く魅力を感じたんです。
使いきれない機能も、今後は覚える楽しみ
最後に、実際に販売王LAN版を導入してみた結果、これまでのソフトとは操作方法が異なるため、不便に感じることがなかったか、及川さんに伺った。
株式会社 小原工業
販売王LAN版を導入してまず感じたことは、複数台のパソコンで分散入力ができるのでデータ入力、見積書・請求書・納品書作成がスムーズに行えるようになったということです。動作スピードの面でも、複数台で同時入力をしてもストレスなく順調に作業を行っています。
導入当初はやはり操作の面で慣れない部分があり戸惑いもありましたが、バリューサポート特典の電話サポートを利用して、オペレーターの方から丁寧な説明を受けることができたので、安心して使用することができました。質問をする回数は徐々に少なくなりましたが、今でも時折、利用しています。
社内の1階と2階、各フロアで入力や伝票の確認ができる点もやはり思った通りの使い心地でした。当初は管理部門での使用予定でしたが、営業部門でも使用して売上状況の確認等、リアルタイムに情報共有ができるというこれまでにないソフトの活用方法を日々の業務に取り入れています。
売上状況を確認する集計機能は、希望していた商品別、得意先別のみだけではなく、発送先別・部門別・担当者別でも集計ができるので重宝しています。
また以前は集計期間が1ヵ月と決まっていましたが、期間を自由に設定して長期的な集計結果が閲覧できる点も満足しています。
―及川さんが担当する業務内容では、見積書や納品書などの帳票の発行から販売状況の確認などが主であり、使用する機能は現在の所「販売」と「仕入」とのことだが、今後ソフトの持つ機能を最大限に活用していきたいと話す。―
よく使用している機能は、スーパーらくらく検索です。分からないことがあった時にキーワードを入れると、簡単に検索ができますし、得意先や売上伝票、さらには販売王から会計王の元帳まで探すことができるので助かっています。
現在、販売・仕入管理機能は使用していますが、在庫管理機能は実はまだ使用していません。伝票を入力すると管理が自動的にでき確実な在庫管理が行える機能があるというのは知っていたので今後活用したいと考えています。帳簿在庫数と実地在庫数の調整や在庫の集計表も利用することで、今後私のスキルアップに努めていきたいです。
機能とは離れてしまいますが、ソリマチの提供するサービス面でも、ソリマチユーザーであれば使用できる「福利厚生王」では、社員が低コストで全国各地の健康施設やスポーツ施設等の契約施設の利用ができるなど、福利厚生サービスを利用できるというので、普段パソコンと向き合ってばかりで運動する機会も減ってきてしまっている私としては興味深いですね。
―及川さんをはじめ株式会社小原工業では、これまでも国との共同研究に参画し多くの新製品を生み出し、昭和50年代から本格的な輸入業務を開始することで欧米の最新義肢材料を日本に紹介する草分け的存在となるなど、常に新しい試みへチャレンジしてきた。今回の取材を通じて、改めてそんな社風を感じることとなった。―



業務ソフト資料請求 ソリマチ営業所一覧
製品導入事例インデックスへ戻る

Topへ戻る