ユーザーサポート -業務系- > あなたに最適なプランは?
業務ソフトをご利用中の方
「サポート&サービス」とはどんなものなのか、あなたに最適なプランをご確認ください。
今の“あなたの状況”に一番近いメニューを選択してクリックしてみてください
近年行なわれた税制改正や制度改正に関する情報です。
ユーザー登録をしていただくと、このような情報もタイムリーにお届けすることができます。
販売管理/顧客管理関連 会計関連 給与計算・労務管理関連
全国の郵便番号の変更に対応しています(毎月)。
平成24年9月からの【厚生年金保険料率】の改定に対応しました。
平成24年9月1日より、厚生年金保険料率が164.12/1000から 167.66/1000に引き上げられた改定に対応しました。
NPO新会計基準に対応(会計王 NPO法人スタイル)
平成24年4月施行の改正NPO法による「NPO新会計基準」に対応しました。新たな決算書として活動計算書や財務諸表の注記が出力できるのはもちろん、複式簿記発生主義会計を採用することに伴う対応をしました。
改正介護保険法に対応(会計王 介護事業所スタイル)
平成24年4月施行の改正介護保険法で、新たに追加されるサービス(複合型サービス等)に対応しました。
減価償却の200%定率法に対応しました。
平成24年4月1日以降に取得する減価償却資産の定率法が、旧定額法の2.5倍(250%定率法)から、定額法の2.0倍(200%定率法)で計算することとされ、対応しました。
平成24年4月からの【雇用保険料率】の改定に対応しました。
平成24年4月1日より、雇用保険料率が引き下げられた改定に対応しました。
平成24年4月からの【児童手当拠出金料率】の改定に対応しました。
平成24年4月1日より、児童手当拠出金料率が、1.3/1000から1.5/1000に引き上げられた改定に対応しました。
平成24年4月からの【労災保険料率】の改定に対応しました。
労働保険料のうち、平成24年度の概算保険料の労災保険料率が変更された改定に対応しました。
平成24年3月からの都道府県単位の【健康保険料率】の改定に対応しました。
平成24年3月1日より、健康保険料率が、都道府県ごとに変更され、健康保険の内訳の特定保険料率が、18.10/1000から20.05/1000に変更され、基本保険料率も都道府県ごとに変更された改定に対応しました。
平成24年3月からの【介護保険料率】の改定に対応しました。
平成24年3月1日より、介護保険料率が、7.55/1000から7.75/1000に引き上げられた改定に対応しました。
平成23年9月からの【厚生年金保険料率】の改定に対応しました。
平成23年9月1日より、厚生年金保険料率が160.58/1000から164.12/1000に引き上げられた改定に対応しました。
平成23年3月からの都道府県単位の【健康保険料率】の改定に対応しました。
平成23年3月1日より、健康保険料率が、都道府県ごとに変更され、健康保険の内訳の特定保険料率が、17.5/1000から18.1/1000に変更され、基本保険料率も都道府県ごとに変更された改定に対応しました。
平成23年3月からの【介護保険料率】の改定に対応しました。
平成23年3月1日より、介護保険料率が、7.50/1000から7.55/1000に引き上げられた改定に対応しました。
所得税法扶養控除に関する改正に対応しました。
平成23年1月以降の年少扶養親族(16歳未満)の扶養控除廃止などに対応しました。
【子ども手当て創設】に伴い平成23年1月からの扶養控除見直しにいち早く対応しました。
平成22年3月24日に可決・成立した「所得税法等の一部を改正する法律」及び「租税特別措置の適用状況の透明化等に関する法律」の改正内容の扶養控除見直しに対応しました。
平成22年9月からの【厚生年金保険料率】の改正に対応しました。
平成22年9月1日より、厚生年金保険料率が現行の157.04/1000から160.58/1000に引き上げられた改正に対応しました。
平成22年4月からの【雇用保険料率】の改正に対応しました。
平成22年4月1日より、雇用保険料率が引き上げられた改正に対応しました。
平成22年4月施行の「改正労働基準法」に対応しました。
平成22年4月より施行された改正労働基準法に対応しました。
平成22年3月からの都道府県単位の【健康保険料率】の改正に対応しました。
平成22年3月1日より、健康保険料率が、都道府県ごとに変更され、健康保険の内訳の特定保険料率が、現行の16.00/1000から17.5/1000に変更され、基本保険料率も都道府県ごとに変更された改正に対応しました。
平成22年3月からの【介護保険料率】の改定に対応しました。
平成22年3月1日より、介護保険料率が、現行の5.95/1000から7.50/1000に引き上げられた改正に対応しました。
平成21年9月からの【厚生年金保険料率】の改正に対応しました。
平成21年9月1日より、厚生年金保険料率が、現行の153.50/1000から157.04/1000に引き上げられた改正に対応しました。
平成21年9月からの都道府県単位の【健康保険料率】の改正に対応しました。
会社データを新規に作成する時に、当該都道府県を選択することができます。
平成21年4月からの【雇用保険料率】の改正に対応しました。
平成21年4月1日より、雇用保険料率が引き下げられた改正に対応しました。
平成21年3月からの【介護保険料率】の改正に対応しました。また、健康保険料率の内訳である【基本保険料率】【特定保険料率】の改正にも対応しました。
平成21年3月1日より、介護保険料率(協会けんぽ)が、現行の11.3/1000から11.9/1000に引き上げられた改正に対応しました。また、健康保険の特定保険料率・基本保険料率の負担率がそれぞれ変更された改正に対応しています。
特定保険料率創設に対応しました。
平成20年4月より後期高齢者医療制度が開始されました。これに伴い、健康保険料の使途が明確になるよう、健康保険料の内訳として「基本保険料」と「特定保険料」が創設されることに対応しました。
健康保険法の改正に対応しました。
平成20年4月から開始された後期高齢者医療制度の創設に伴い、健康保険料の使途を明確にするために健康保険の「一般保険料率」の内訳として「特定保険料率」と「基本保険料率」が創設された改正に対応しました。
平成19年度税制改正(減価償却制度改正)に対応しました。 →詳細
平成18年5月1日より施行されたいわゆる「新・会社法」に対応しました。
EAN128バーコードに対応しました(『コンビニ収納代行サービス対応オプション』)。
平成17年7月からコンビニ振込のバーコードの形式が“JAN3段/4段バーコード”から“EAN128バーコード”へ移行が始まったことにともない、『コンビニ収納代行サービス対応オプション』が“EAN128バーコード”対応になりました。
本件に関するお問い合わせは
ソリマチ サポートセンター
TEL: 03-5739-3211
FAX: 03-5791-4350
サポートセンターのご利用について

Topへ戻る